事例紹介

こちらでは今まで手掛けた切削工具や金型、PVDコーティング前洗浄の主な事例をご紹介いたします。

事例のご紹介

PVDコーティング前洗浄

切削工具や金型には耐摩耗性や離形性向上のためPVD(Physical Vapor Depositionの略)コーティングを行います。

これまでコーティング前洗浄では、稀に汚れ残りや水シミ残りが見られることがあり、コーティング不良の原因や再洗浄を行う必要がありました。

水系1槽式真空超音波洗浄装置を導入することで、これまでを上回る洗浄品質を得られ、水シミ発生もなくコーティング不良低減、密着性の向上や歩留まり改善につながりました。

・主なアプリケーション
 ドリル、エンドミル、ホブカッター、インサート、
 チップソー、各種金型

細穴の洗浄

従来の水系多槽式洗浄では細穴や止まり穴の洗浄は事前に手作業や別装置での洗浄が必要でした。

水系真空超音波洗浄では、細穴内部や止まり穴の洗浄~乾燥までを減圧下での浸漬洗浄と真空乾燥で行えるため、工数削減と品質向上を達成できました。

・主なアプリケーション
 切削工具のオイルホール、金型

長尺製品(2m~3m)の洗浄

長尺製品の水系洗浄ではこれまで手作業での洗浄または大掛かりな装置を使用しており、大変手間がかかる作業でした。

水系1槽式真空超音波洗浄装置を導入することで作業効率が上がり、これまでを上回る洗浄品質も得られました。

また、省スペース・省人化にも貢献しました。

 

主なアプリケーション
・ブローチ工具

超硬材のコバルト溶出(腐食)がない洗浄プロセス

超硬基材(超硬合金)は一般的にはWC(タングステンカーバイド)とバインダー(結合剤)としてのCo(コバルト)を混合し焼結したものです。

これまで超硬材製品は溶剤系洗浄剤で洗浄を行っていましたが、環境への配慮から溶剤系薬品の使用量を減らす取り組みの一貫として水系洗浄への切り替えを検討していました。

他社でのテストでは汚れは洗浄出来たもののコバルトが溶出してしまう結果となりましたが、当社推奨の洗浄プロセスでは複数回のテストを行いコバルトの溶出がなく、汚れ残渣のない洗浄プロセスを見つけることができ、水系洗浄に切り替えることができました。

Coming soon

Coming soon

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。